放っておくと危険ですよ!まつ毛ダニの症状を確認して対処しよう

微笑む美人

まつ毛に寄生するまつ毛ダニがいることを知っていますか。自分には関係ないと考えている方もいるかもしれませんが、実は40歳では5割の方に寄生しているというデータもあります。70歳を超えると約8割の方に寄生するものなので、他人事と思わずにまつ毛ダニについて把握しておくことも大切です。

70歳以上の約8割に寄生するものであれば、放置しておいても問題ないと考える方もいるでしょう。確かに年を取るにつれて寄生される方が増えているため、一般的には無害と考えることもできます。しかし肌荒れなどが酷い状況の人は、ダニがまつ毛で以上に増えている可能性もあるので注意が必要です。そのためまつ毛ダニが増えた場合には、どのような症状や危険性があるのか考えていくことが大切です。

年齢を重ねると多くの方に寄生しているものなので、基本的にはまつ毛ダニがいても無症状というケースが多くなっています。しかし数が増えてしまうと、まぶたがただれるもしくはゴロゴロするなどの症状が出てきます。また充血が収まらないなどの場合には、放置せずに病院へ行って診断を受けるのも1つの手です。

では寄生しやすい人もしくはまつ毛ダニの数が増えやすい人には、どのような特徴があげられるのでしょうか。その特徴の1つとして、顔を洗わないなどの点があげられます。まつ毛を清潔な状態に保っていなければ、ダニが繁殖しやすい環境を作ってしまいます。数を増やしたくないのなら、毎日の洗顔が大切なポイントの1つです。ただし顔を洗うとき、強くこすりすぎると逆効果なので注意が必要です。優しく丁寧に洗うというのが、繁殖しにくい環境を作っていくためには欠かせません。

洗顔時以外でも、必要以上に目をこすっているという方もいるでしょう。日中に何度もまつ毛を触っていると、雑菌が入ってまつ毛ダニが繁殖しやすい環境を作ってしまう可能性もあります。必要以上に触らないというのも、繁殖を防ぐために重要なポイントの1つです。

実際にまつ毛ダニが増えてしまった場合には、悪化因子を取り除くことが大切です。目の周りを1日1回きれいにすることが、主な対処方法です。また海外では、専用のエッセンシャルオイルを希釈してまつ毛の周りに塗る治療が行われていることもあります。ただしこの治療方法は日本では行われていません。一度まつ毛ダニが増えると減らすのが難しいので、日ごろからまつ毛の清潔な状態を保つことを意識しましょう。