妊娠中には特に注意が必要なまつ毛の健康状態と抜けてしまう原因

まつ毛の健康状態で注意が必要な時期として、妊娠中があげられます。実は女性の体というのは、妊娠から産後までの間にホルモンのバランスが大きく変化します。ホルモンバランスの変化によって、髪の毛の質が変わったり脱毛が増えたりするケースも見られます。そしてまつ毛も体毛の一種であるため、髪の毛と同じように状況が変化する可能性があるのです。

では実際に妊娠中もしくは産後におきる可能性があるまつ毛の変化には、どのような状態があげられるのでしょうか。状態の変化の1つに、毛の質が変わるという点があります。毛の質の変化によって、パサつきやすくなるなど傷みやすいという悩みを抱える方も多くいます。

一方で脱毛しやすくなったと感じる方も見られます。ホルモンバランスの変化によって体毛が抜けやすくなってしまうので、まつ毛の量が減ったと感じる方もいるのです。さらに抜けやすくなることで、毛が欲しくなったと感じるケースもあげられます。

妊娠中もしくは産後のホルモンバランスの変化によって起こるまつ毛の異変というのは、子供が生まれてから1年ほど経てばもとに戻るというケースも多くなっています。もとに戻るとわかっていても、まつ毛が抜けやすくなった状態を改善したいという方もいるでしょう。そのような場合には、日々の食生活に気を使ってみるのも1つの手です。

そもそも妊娠中というのは、お母さんよりも赤ちゃんのほうに優先的に栄養が届けられるようになっています。そのため今までと同じ食生活だと、特定の栄養素が不足して毛に十分な栄養が行き渡らないケースも見られます。さらにつわりで思うように食事ができないなどの理由から、まつ毛の不健康につながってしまうこともあります。

ほかにも妊娠中もしくは産後というのは、女性にとって心身ともに大きなストレスを抱えるケースが多くなっています。お腹が大きくなってくると、思うように体が動かせずに運動不足になってしまうこともあるでしょう。ストレスや運動不足から血行が悪くなって、まつげを育てる細胞に栄養が届きにくくなって変化が起きるかもしれません。

妊娠中に起こるまつ毛の変化を防ぐためには、食生活に気を使うのもポイントの1つです。食事だけで対応するのが難しいという場合には、まつ毛美容液を使ってみるのも1つの手です。美容液を使ってケアすることで、妊娠中もしくは産後に失われることが多い栄養を外側から補給することにつながります。